コストダウンを考える|ワークフローで鮮やかな仕事裁きを実現する
コンサルタント

ワークフローで鮮やかな仕事裁きを実現する

コストダウンを考える

背広の男の人

日本で始まるきっかけ

給与計算アウトソーシングとは、企業が従業員の給与・賞与の計算、年末調整の他、それらに付帯する事務業務全般を委託するサービスのことです。もともと、アメリカでは多くの企業が給与計算を外部委託しており、必要不可欠なものとして確立していました。委託することで、アメリカの企業はコア業務に力を注ぐことができました。日本では、人事関連の業務を社外に出したくないと考える企業が多く、給与計算を委託するのは稀なことでした。しかし、1990年代のバブル崩壊後、日本企業の考え方が変わり、徐々に給与計算アウトソーシングが注目されるようになりました。アメリカの利用率には及びませんが、現在では10%以上の日本企業が利用するようになっています。

サービス内容とメリット

給与計算アウトソーシングでは、企業の給与担当者が行う全ての業務を担います。給与の月次計算処理、入退者の確認、振込データ作成、各種帳票作成、給与や住民税の振込代行、給与明細書の発行などをします。その他、勤怠計算、賞与計算、退職金計算、年末調整、住民税関係の管理や、オプションで会計用の仕訳データ作成、福利厚生、労務相談を行います。企業のニーズに合わせてサービス内容を選定します。給与計算アウトソーシングを導入するメリットは、給与計算業務で発生する運用コストや投資コストがなくなり、安定した委託料を予算化することができます。結果、コスト削減が望めます。また、企業の事業成功のために直接貢献できるコア業務に人員をシフトすることができます。