効率化を進める為の一手|ワークフローで鮮やかな仕事裁きを実現する
コンサルタント

ワークフローで鮮やかな仕事裁きを実現する

効率化を進める為の一手

システム

周辺のシステムとの連携

自社に、給与計算システムを導入するのならば、まずは周辺のシステムとの連携を計らなくてはいけません。一つの優秀システムを、ただ導入するだけでは、その性能を発揮することにはつながりません。この場合では、社員やパート・アルバイトのタイムカード情報や交通費などの経費データーを、給与計算システムと連携させるサブシステムも、合わせて導入することです。これによって、月々の個人の勤務時間等を、直接にデータを反映させることができます。誰かが入力する必要もないので、そこに割いていた時間を、別の業務に当てることができ事務業務の効率化を進めることができます。導入当初は、慣れなくて大変かもしれませんが、最終的には効率を上げることに繋がります。

個人情報をどう守るか

給与計算システムに、集まるデータは、社員達一人一人の個人情報が納められています。それらが流失してしまうと、社員からの会社への信頼を失うことになります。扱う人間が、給与計算システムに関わった形跡を、きちんと残して管理していく必要があります。また、当然ですが、パスワードなどで管理を行い、セキュリティには、一層の注意を払っていく必要があります。インターネットなどに、情報が流失してしまうと、消すことは不可能になってきます。導入当初に、それを理解して、接触する人にも徹底させることが求められます。システムを導入する時には様々な注意点を把握することが大切です。そうすることで、トラブルの発生などを未然に防ぐことにも繋がります。